暑中見舞いの時期は?いつ出せばいい?

[`evernote` not found]

暑中見舞いのよくある質問、暑中見舞いの一般的な豆知識を紹介します。
ご参考くださいませ。

暑中見舞いによくある質問

・いつ出せばいいですか?いつまでが暑中見舞い?

・梅雨が明けてなくずっと雨だけど暑中見舞い出していいの?

・引越しの報告や結婚・出産報告を暑中見舞いで出していいの?

など、年賀状と違いきっちりとした日が決まってない暑中見舞いは質問も多くあります。

暑中見舞いの一般的な豆知識を紹介します

暑中見舞いを出す時期は、小暑(7月7日ごろ)から立秋前日(8月7日ごろ)まで
8月上旬でも梅雨が明けないこともありますが、暑中見舞いは暦をみて「暑中」の期間に出しましょう。

自分が喪中であったり、相手が喪中であっても「暑中見舞い」を出してOKです
暑中見舞いはあくまで、夏の季節の挨拶状です。
暑中に相手を気遣ってだす挨拶状なので問題ありません。

暑中見舞いは、なかなか出す機会がない人が多いと思いますが、
春~夏にかけて生活に変化があったり、近況報告が必要な場合は
夏のお便り「かもめーる」で暑中見舞いを出すのをおすすめします!

暑中見舞いデザイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加