暑中見舞いと残暑見舞いの違いは?

[`evernote` not found]

暑中見舞いの時期がそろそろ終わりに近づいてまいりました。
暑中見舞いの期限は8月7日までで、それが過ぎたら残暑見舞いに切り替わります。
暑中見舞いと残暑見舞いがどのように違うのか?気になりませんか?
その違いを見つけていきましょう!

暑中見舞いと残暑見舞いの違い

暑中見舞いは暑さのピークを見舞うものです。
暑中見舞いは暦によれば夏の土用の時期に出すものだが、最近では気候に合わせて
梅雨明けから立秋前日に出すことが多いです。
1年で最も暑い時期に出すものだから、挨拶文も「本格的な暑さ」「猛暑が続く」「暑さの厳しき折」になります。
文末の日付に「盛夏」と書きます。 
 
 

暑中ハガキ

次に残暑見舞いです。
残暑見舞いはなかなか終わらない暑さを見舞うものです。
残暑見舞いは立秋を過ぎ、暦によれば秋を迎えても実際は暑さが続いている時期に出します。
挨拶文も「立秋とは名ばかりの暑さ」「暦の上では秋とはいえ、厳しい暑さが続いておりますが」などまだまだ暑いという感じがいいでしょう。
8月末以降、暑さが引いてきた頃には「朝夕には吹く風に秋の気配が感じられる頃となりました」と気候に合わせた内容にします。
文末の日付は「晩夏」「立秋」にします。

残暑見舞いスイカ 
 

暑中見舞いと残暑見舞いの違いは分かりましたか?
暑中見舞いと残暑見舞いは何を見舞うのかが違い、季語も違ってきます。
もうすぐ暑中見舞いが終り、残暑見舞いに入ります。
まだ、暑中見舞いを書くのを忘れた方、暑中見舞いと残暑見舞いの違いに気を付けて
残暑見舞いを書いてみてはいかがでしょうか?

出典元:URL
http://koyoinoneta.com/archives/646.html
http://shochu.templatebank.com/jiki/?rf=howto
http://www.ringbell.co.jp/giftconcierge/2054
http://trend-information.com/386.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加