余った・書き損じた年賀はがきはどうしてる?

[`evernote` not found]

お年玉年賀はがきの当選発表を確認して、貰った年賀状を整理してますか?
整理していると住所を書き間違えたり、一言書こうと思ったら字がうまく書けなかったり
などの書き損じをした年賀はがきはありませんか?
そして、余ってしまった年賀はがきはどうしていますか?

懸賞はがきで応募してみる

私は年賀はがきを懸賞はがきとして送る事が多いです。
はがき懸賞などにも応募したりするので、年賀はがきを
応募はがきとして送ることもあります。
送るときに年賀と書かれている部分を消しましょう
年賀状の柄によっては懸賞を送る先を選んだ方がいいかもしれません。
応募するとき、目に留まりやすいようにいろいろはがきに工夫するのもおもしろいですよ♪

新しいはがきと交換

年賀はがきをはがきに交換してもらうときは郵便局の窓口に
書き損じた年賀はがきを手数料1枚につき5円払って交換できます。
普段、手紙やはがきを送ることがほとんどないからいらないと思っているなら切手に
変えるのもありだと思います。
切手はゆうパックなどの支払いに使うことができるので便利ですよ。
すでに年賀はがきを書いてしまった場合でも、近親者の不幸によって不要による服喪のため
利用できなくなった年賀はがき、年賀切手は12月28日までに郵便局に行って無料で
交換してくれます。
 

寄付してボランティア

未使用の切手、はがき、書き損じのはがきなどを福祉団体に寄付することができます。
団体が専門業者で現金化して活動資金になります。
要らないと思っているものでも役立つことがあります。
 

 

金券ショップに売る

使っていない年賀はがきを金券ショップや買取ショップなどに売ることができます。
買取ショップによってはティッシュなどの日常品を貰えることもあります。

家に未使用のまま残っている年賀はがきはありませんか?
家にずっと置いておくのももったいないので何かに
使ってみてはどうでしょうか?

参考出典
https://www.drwallet.jp/navi/11575/
http://www.postcard.jp/nenga/column/24nenga-kakisonji.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加