今度は500倍超届く!?琵琶湖に住むキャラクターも多くの年賀状をもらう!

[`evernote` not found]

前回に年賀状の貰った枚数が4・5倍増えた記事を書きましたが、全国を見るとそれとは比べ物にならないほど量が増えたキャラクターがいました。
それは滋賀県イメージキャラクターうぉーたんキャッフィーです。

うぉーたん

うぉーたんはみんなから愛される琵琶湖の水の精霊として、市がをアピールする様々なメッセ―ジを伝えます。
頭は水滴のかたちで、体はきれいな水に映った森の緑、輪っかは透き通った琵琶湖の水面を表している。
胸には、いのちの営みを表すオレンジの輪、自然を象徴する木々の緑の輪
水を表す青の輪のマークがついています。
得意技は、ヨット、ウィンドサーフィンなどだ。

キャッフィー

キャッフィーは2008年10月に滋賀県で行われた「第21回全国スポーツレクリエーション祭『スポレク滋賀2008』」のマスコットキャラクターとして誕生。
琵琶湖の固有種であるビワコオオナマズがモデルになっており、キャッフィーという名前はナマズの英名「キャットフィッシュ」からつけられたものです。

キャッフィーの仕事は滋賀県滋賀のスポーツ振興のPR.
性格はどんくさいけどチャレンジ精神が旺盛で何事にも一生懸命。
子ども好きで人を楽しませることが好き。
陸上では疲れやすく、すぐに昼寝をしてしまいます。
得意なスポーツはサッカーにエアロビクス、見た目とは裏腹にスピーディーにトランポリンをこなします。
キャッフィーの着ているタンクトップのS滋賀県スポーツのイニシャルです。

昨年は8通しか年賀状が届きませんでした。
年賀状の届く量を2桁と目標にして、昨年の11月に年賀はがき発売日などに
各地の郵便局で年賀状の送付を呼びかけるチラシを配布したり、年末に知事と一緒に宣伝するなどのPRしていました。
その結果、昨年の500倍以上の計4312通に上がったと発表がありました。
届いた年賀状には「今年も一年頑張ってね!」「キャッフィー、うぉーたん大好き」など中には「ひこにゃんに負けるな」を奮起を促す応援メッセージもありました。

こちらもPR活動などをして努力をしてみんなに知ってもらうことで多くの年賀状を貰うことが出来たのですね。
この調子でいけば年賀状の枚数がひこにゃんを上回る年がくるかもしれませんね。

参考出典
http://mainichi.jp/articles/20170107/k00/00m/040/029000c
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20170107/CK2017010702000018.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加