干支の意味と覚え方

[`evernote` not found]

毎年、次の干支はどの動物だっけと忘れることはありませんか?
そして干支とは昔なにを示したものなのかきになりませんか?

今回は干支について紹介していこうと思います。

干支とは。それぞれ動物に当てはめた十二支があります。
十二支は子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥はもともと12年で1周する木星の位置を分かりやすくする記号で、
12年ごとに1巡する年回りを示した。

そしては月や時を数える表示に使われるようになりましたが、その十二支を覚えやすくするためそれぞれの字に
鼠・牛・虎・兎・龍・蛇・馬・羊・猿・鶏・犬・豚などの動物に当てはめていったと言われています。

干支の覚え方

現在では生まれた年の干支がなにどしになるだと決まる習慣が浸透しています。
干支の覚え方は動物の呼び名からね・うし・とら・う・たつ・み・うま・ひつじ・さる・とり・いぬ・い
これを復唱していくと覚えやすいと言われています。

また、来年の酉年は犬猿の仲である犬と猿の喧嘩の仲裁に入ったから犬と猿の間に鳥がいるといわれています。

%e5%b9%b2%e6%94%af 
 
小さい頃はのあとがわからなかった。
自分の干支はわかっていますか?
干支によって性格判断や相性のいい相手がわかることもあります。
自分の干支の向かい側にいる干支の人と相性がいいとされています。
来年は酉年なので、酉のイラストをいまのうちに決めておいた方がいいと思います。
 
出典元:URL
http://www.kadoya-act.com/site/kamishou/engi/eto/index.htm
http://www.3939nenga.net/iroha/eto.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加