気を付けよう!年賀状を書くときの賀詞の選び方

[`evernote` not found]

年賀状を書くときに間違った賀詞を選んでいませんか?
賀詞を選ぶときは年賀状を送る側との関係によって使う賀詞が違ってきます。

特に目上の方に「寿」「賀正」などの簡略化した表現は、丁寧さや敬意が損なわれるため使ってはいけません。

目上の方には

謹賀新年,謹賀新春,恭賀新年,敬頌新禧,謹んで新年のお慶び申し上げます

逆に目下の方や親しい方にはどのような賀詞を使うのでしょうか?

目下の方には

寿,,,,賀正,頌春,迎春,慶春,寿春,初春,新春

友人などの親しい方には

あけましておめでとう,Happy New Year

%e8%ac%b9%e8%b3%80%e6%96%b0%e5%b9%b4 
 
賀詞は新年を祝うの言葉なので、ちゃんとした祝いの言葉を送りたいですね。
賀詞が決まったらその賀詞のデザインをどのようにするのかを考えてみるといい。
送った相手には良い新年を迎えてほしいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加