今度の年賀はがきは!?卵になった!?それとも産んだの?どっちだ!!

[`evernote` not found]

今年の年賀はがきの料額印面にはどんなイラストが描かれているかきになりませんか?
毎年話題になるのは干支のイラストが前回のイラストから
どのように変わったのかというところだ。

今年の申年は温泉に入るサルに子ザルが増えていたり、
去年は羊が編んでいたマフラーが完成して首に巻いていました。
なら、来年の酉年はどうなるのかと待っているとなんと今度はたまごだ! 

年賀はがきこれまでの歴史 

見方によってはツイッターの初期のアイコンにも見えなくもない。
なぜ、卵なのか?卵に戻ったのかそれとも卵を産んだのかと
いろいろ疑問が頭の中でぐるぐる回りました。
これだとユーモアがどこにもないじゃないかと思っていたら、
卵の影の部分になにか書いてあると情報を見つけた。

なんと!その影の部分にはマイクロ文字で
「あけましておめでとうございます」と書かれている!
マイクロ文字とはお札の偽造防止策に使われている肉眼では
確認できないほど微細な文字のことだ。

酉年

料額印面に毎年いろいろなユーモアが練り込まれているので、今年の年賀はがきはどんなものか楽しみにしています。
今回の年賀はがきにはどんなユーモアが練り込まれているのかと探してみたが、すぐには見つからずどこにあるの
だろうかと思いながら、記事を読んでいると影の部分にマイクロ文字を使っていると書かれていた!
ここまでするかと驚きました。
年賀はがきを買ったら虫眼鏡を使って確認してみようと思いました。

詳しくはこちら→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160902-00000001-withnews-sci

  • このエントリーをはてなブックマークに追加